花ごよみ 季節の草花情報 花ごよみ 季節の草花情報

ツルリンドウ

ツル性のリンドウで赤い実がなる。茎が這い立ち上がらないタイプをテングノコヅチという。

リンドウ

ツルリンドウ

8月~10月

高山

ツル性のリンドウで赤い実がなる。茎が這い立ち上がらないタイプをテングノコヅチという。

トネアザミ

アザミの分類は難しい この辺りで最も普通にあり一応トネアザミとしたが似た種類がたくさんある

キク

トネアザミ

8月~9月

里山

アザミの分類は難しい この辺りで最も普通にあり一応トネアザミとしたが似た種類がたくさんある

トモエシオガマ

花が巴の形に咲く特徴がある 似た咲き方をするものにトモエソウがある

ハマウツボ

トモエシオガマ

8月~9月

高原

花が巴の形に咲く特徴がある 似た咲き方をするものにトモエソウがある

ナガミノツルキケマン

春に咲くムラサキケマン、ミヤマキケマンと同じ仲間 ケマンとは仏教用具の名前

ケシ

ナガミノツルキケマン

8月~10月

里山

春に咲くムラサキケマン、ミヤマキケマンと同じ仲間 ケマンとは仏教用具の名前

ナツズイセン

人家から逃げ出したものが野生化している この仲間は葉の出る季節と花が咲く季節が異なる

ヒガンバナ

ナツズイセン

8月~9月

人里

人家から逃げ出したものが野生化している この仲間は葉の出る季節と花が咲く季節が異なる

ナベナ

マツムシソウに近い仲間でこの地域ではまれな植物 草丈が2m近くにもなる

スイカズラ

ナベナ

8月~9月

里山

マツムシソウに近い仲間でこの地域ではまれな植物 草丈が2m近くにもなる

ナンテンハギ

葉がナンテンの葉に似ていることから命名 2枚づつ葉がつくので別名フタバハギともいう

マメ

ナンテンハギ

7月~9月

里山

葉がナンテンの葉に似ていることから命名 2枚づつ葉がつくので別名フタバハギともいう

ナンバンハコベ

ハコベの花に比べたらかなり大型で独特な形をしている 人里から浅間園のような高所にもある

ナデシコ

ナンバンハコベ

6月~10月

人里

ハコベの花に比べたらかなり大型で独特な形をしている 人里から浅間園のような高所にもある

ヌスビトハギ

果実の形が泥棒の足跡に似ることから命名 低地の林縁にふつうに見られる

マメ

ヌスビトハギ

7月~9月

里山

果実の形が泥棒の足跡に似ることから命名 低地の林縁にふつうに見られる

ノコンギク

この周辺で野菊と言えばノコンギクとユウガギクが代表種 ノコンギクは薄紫色でユウガギクは白色

キク

ノコンギク

8月~10月

里山

この周辺で野菊と言えばノコンギクとユウガギクが代表種 ノコンギクは薄紫色でユウガギクは白色

ノハラアザミ

ノアザミに似るが花の下の丸い部分(総苞という)がノアザミは粘りノハラアザミは粘らない

キク

ノハラアザミ

8月~10月

里山

ノアザミに似るが花の下の丸い部分(総苞という)がノアザミは粘りノハラアザミは粘らない

ハナイカリ

リンドウの仲間だが花の形は名前の通りイカリに似ている 登山道沿いでよく見かける

リンドウ

ハナイカリ

8月~9月

高原

リンドウの仲間だが花の形は名前の通りイカリに似ている 登山道沿いでよく見かける

ハナタデ

イヌタデに似るがより繊細で花序がまばらにつく 葉の先が急に細くなることでも区別できる

タデ

ハナタデ

7月~10月

里山

イヌタデに似るがより繊細で花序がまばらにつく 葉の先が急に細くなることでも区別できる

ハバヤマボクチ

オヤマボクチとセットで覚えるとよい 見分け方は葉の形が違うこと

キク

ハバヤマボクチ

9月~10月

高原

オヤマボクチとセットで覚えるとよい 見分け方は葉の形が違うこと

ハンゴンソウ

草丈が高いので秋の山でよく目立つ キオンに似ているが葉が手のひらのように分かれている

キク

ハンゴンソウ

7月~9月

高原

草丈が高いので秋の山でよく目立つ キオンに似ているが葉が手のひらのように分かれている

ヒガンバナ

燃えるような真っ赤な花で田んぼの土手や墓地などで見かける 曼殊沙華ともいう 

ヒガンバナ

ヒガンバナ

8月~9月

人里

燃えるような真っ赤な花で田んぼの土手や墓地などで見かける 曼殊沙華ともいう 

ヒメシロネ

葉の付け根に小さな白い花をつける 湿地に群生を作って咲く

シソ

ヒメシロネ

8月~9月

里山

葉の付け根に小さな白い花をつける 湿地に群生を作って咲く

ヒヨドリバナ

高山に咲くヨツバヒヨドリに対しこちらは里山に咲く 葉が2対に出ることで区別する

キク

ヒヨドリバナ

8月~9月

里山

高山に咲くヨツバヒヨドリに対しこちらは里山に咲く 葉が2対に出ることで区別する

フサフジウツギ

近年増えている帰化植物 草丈が大きく道路沿いに咲くので良く目立つ ブットレアともいう

フジウツギ

フサフジウツギ

7月~9月

人里

近年増えている帰化植物 草丈が大きく道路沿いに咲くので良く目立つ ブットレアともいう

フシグロ

つぼ型のガクが目立ち花弁は小さく目立たない 葉の付け根の茎が黒くなるためフシグロと呼ばれる

ナデシコ

フシグロ

7月~9月

高原

つぼ型のガクが目立ち花弁は小さく目立たない 葉の付け根の茎が黒くなるためフシグロと呼ばれる

ヘクソカズラ

なんともかわいそうな名前を付けられたつる植物 ただし本当に臭いにおいがする

アカネ

ヘクソカズラ

8月~9月

里山

なんともかわいそうな名前を付けられたつる植物 ただし本当に臭いにおいがする

ホソバガンクビソウ

花の名前はキセルの先のタバコを詰める部分をガンクビといい、花の付き方がそれに似ているため

キク

ホソバガンクビソウ

8月~10月

高原

花の名前はキセルの先のタバコを詰める部分をガンクビといい、花の付き方がそれに似ているため

ボタンヅル

よく似たセンニンソウとセットで覚えるとよい センニンソウとは葉の形が違う 

キンポウゲ

ボタンヅル

8月~9月

里山

よく似たセンニンソウとセットで覚えるとよい センニンソウとは葉の形が違う 

マツムシソウ

秋の浅間高原を代表する植物 薄紫の花は群落をつくり大きく美しいので人気がある  

スイカズラ

マツムシソウ

8月~9月

高原

秋の浅間高原を代表する植物 薄紫の花は群落をつくり大きく美しいので人気がある  

ママコノシリヌグイ

この花の名前も面白い 茎にトゲがありこれでお尻をぬぐわれたらたまったものでない

タデ

ママコノシリヌグイ

7月~10月

里山

この花の名前も面白い 茎にトゲがありこれでお尻をぬぐわれたらたまったものでない

ミズヒキ

細長い花序が祝儀袋の水引に似ていることから命名された 結構どこでも普通に見られる

タデ

ミズヒキ

8月~9月

里山

細長い花序が祝儀袋の水引に似ていることから命名された 結構どこでも普通に見られる

ミゾソバ

いたるところの湿地に群生をつくって咲く タデの仲間だが花はピンクできれいなものもある

タデ

ミゾソバ

8月~10月

人里

いたるところの湿地に群生をつくって咲く タデの仲間だが花はピンクできれいなものもある

ミヤマウズラ

お盆過ぎの高山の林床で見ることができるがそれほど多くない ミヤマモジズリも同じ時期に咲く

ラン

ミヤマウズラ

8月~9月

高山

お盆過ぎの高山の林床で見ることができるがそれほど多くない ミヤマモジズリも同じ時期に咲く

ミヤマモジズリ

ミヤマウズラが咲くような所に咲くがこちらの方が美しい 浅間園の遊歩道にも咲いている

ラン

ミヤマモジズリ

8月~9月

高山

ミヤマウズラが咲くような所に咲くがこちらの方が美しい 浅間園の遊歩道にも咲いている

モミジガサ

ヤブレガサとモミジガサはよく似ているがよく見ると葉が違っている どちらも林床に育つ

キク

モミジガサ

8月~9月

里山

ヤブレガサとモミジガサはよく似ているがよく見ると葉が違っている どちらも林床に育つ

ヤクシソウ

黄色い野菊で人家付近に普通に生える 他の花が終わってからも遅くまで咲いている

キク

ヤクシソウ

8月~10月

人里

黄色い野菊で人家付近に普通に生える 他の花が終わってからも遅くまで咲いている

ヤナギタデ

タデの仲間は見分けが難しいがこのタデは噛んでみるととても辛いのが特徴 湿地に生える

タデ

ヤナギタデ

7月~10月

里山

タデの仲間は見分けが難しいがこのタデは噛んでみるととても辛いのが特徴 湿地に生える

ヤブレガサ

本当に傘が破れたような形の葉が面白い キク科の植物で似たものにモミジガサがある

キク

ヤブレガサ

7月~8月

里山

本当に傘が破れたような形の葉が面白い キク科の植物で似たものにモミジガサがある

ヤマジノホトトギス

この地域で見られるホトトギスはこの花と黄色の花をつけるタマガワホトトギスの2種類

ユリ

ヤマジノホトトギス

8月~10月

里山

この地域で見られるホトトギスはこの花と黄色の花をつけるタマガワホトトギスの2種類

ヤマトリカブト

毒草として有名 トリカブトの仲間は専門家でも分類が難しい 一応ヤマトリカブトとしてみた

キンポウゲ

ヤマトリカブト

9月~10月

高山

毒草として有名 トリカブトの仲間は専門家でも分類が難しい 一応ヤマトリカブトとしてみた

ヤマハギ

秋の七草のひとつとして古来より日本人に親しまれてきた 山道を歩くと普通にある

マメ

ヤマハギ

7月~9月

里山

秋の七草のひとつとして古来より日本人に親しまれてきた 山道を歩くと普通にある

ヤマハハコ

この花もどこでも見かける高山植物としてなじみが深い ドライフラワーのよう

キク

ヤマハハコ

8月~9月

高原

この花もどこでも見かける高山植物としてなじみが深い ドライフラワーのよう

ヤマラッキョウ

秋の草原で最後まで見ることができる花のひとつ ネギの仲間である

ネギ

ヤマラッキョウ

9月~10月

高原

秋の草原で最後まで見ることができる花のひとつ ネギの仲間である

ユウガギク

野菊と言えばこの花とノコンギクが代表的なものだろう ノコンギクは淡い青色ユウガギクは白色

キク

ユウガギク

8月~10月

里山

野菊と言えばこの花とノコンギクが代表的なものだろう ノコンギクは淡い青色ユウガギクは白色

ヨウシュヤマゴボウ

秋になるとブドウのような実が良く目立つ帰化植物 全草に毒があるので食べないこと

ヤマゴボウ

ヨウシュヤマゴボウ

7月~9月

里山

秋になるとブドウのような実が良く目立つ帰化植物 全草に毒があるので食べないこと

ヨツバヒヨドリ

高原に普通に咲く この花にはアサギマダラが蜜を吸いに集まる 低地にはヒヨドリバナが見られる

キク

ヨツバヒヨドリ

8月~9月

高原

高原に普通に咲く この花にはアサギマダラが蜜を吸いに集まる 低地にはヒヨドリバナが見られる

リュウノウギク

岩場のような所に咲く 数は多くないがきれいなキクである 晩秋に咲く

キク

リュウノウギク

9月~10月

里山

岩場のような所に咲く 数は多くないがきれいなキクである 晩秋に咲く

リンドウ

エゾリンドウやオヤマリンドウと似るがより低地に咲いている 晩秋まで見ることができる

リンドウ

リンドウ

9月~10月

里山

エゾリンドウやオヤマリンドウと似るがより低地に咲いている 晩秋まで見ることができる

レンゲショウマ

この花はとても美しく多くの人のあこがれの花である 数も少なく林床にひっそりと咲く

キンポウゲ

レンゲショウマ

8月~9月

里山

この花はとても美しく多くの人のあこがれの花である 数も少なく林床にひっそりと咲く

ワレモコウ

この花がバラ科とは意外である 普通に見られるが素朴な味わいがあり好きな人も多い

バラ

ワレモコウ

8月~10月

高原

この花がバラ科とは意外である 普通に見られるが素朴な味わいがあり好きな人も多い