花ごよみ 季節の草花情報 花ごよみ 季節の草花情報

アキノノゲシ

草丈が1~2mと高くなり淡いクリーム色の花を多数つける 道端などに多い

キク

アキノノゲシ

8月~10月

里山

草丈が1~2mと高くなり淡いクリーム色の花を多数つける 道端などに多い

アケボノソウ

花びらの模様が大変美しく人気植物のひとつである やや湿った草原に育つリンドウの仲間

リンドウ

アケボノソウ

9月~10月

高原

花びらの模様が大変美しく人気植物のひとつである やや湿った草原に育つリンドウの仲間

アズマレイジンソウ

花の形が雅楽を演奏する人(伶人という)がかぶる帽子に似ていることで命名された トリカブトの仲間

キンポウゲ

アズマレイジンソウ

8月~10月

里山

花の形が雅楽を演奏する人(伶人という)がかぶる帽子に似ていることで命名された トリカブトの仲間

イタチササゲ

花の色がイタチの毛の色に似ている所から命名された 里山の林縁などで見られる

マメ

イタチササゲ

7月~9月

里山

花の色がイタチの毛の色に似ている所から命名された 里山の林縁などで見られる

イヌタデ

タデの仲間の花はあまり目立たないがイヌタデの花は赤いので「お赤飯ごっこ遊び」に使われた

タデ

イヌタデ

7月~10月

人里

タデの仲間の花はあまり目立たないがイヌタデの花は赤いので「お赤飯ごっこ遊び」に使われた

イワインチン

秋の高山に登るとこの黄色い花が良く目立つ 浅間高原ではよく見られる高山植物である

キク

イワインチン

8月~9月

高山

秋の高山に登るとこの黄色い花が良く目立つ 浅間高原ではよく見られる高山植物である

ウスユキソウ

名前が可愛らしい高山植物 エーデルワイスはこの仲間である 浅間高原でもよく見られる

キク

ウスユキソウ

7月~9月

高原

名前が可愛らしい高山植物 エーデルワイスはこの仲間である 浅間高原でもよく見られる

ウメバチソウ

茎の先に梅の花のような白い花をつける 秋の草原を代表する花で近い花にシラヒゲソウがある

ニシキギ

ウメバチソウ

8月~10月

高原

茎の先に梅の花のような白い花をつける 秋の草原を代表する花で近い花にシラヒゲソウがある

エゾリンドウ

オヤマリンドウとよく似ている 花が何段にも咲くのがエゾリンドウ、枝先だけに咲くのがオヤマリンドウ

リンドウ

エゾリンドウ

8月~10月

高原

オヤマリンドウとよく似ている 花が何段にも咲くのがエゾリンドウ、枝先だけに咲くのがオヤマリンドウ

オオアワダチソウ

セイタカアワダチソウは晩秋の植物だがこのアワダチソウは8月ごろから咲き始める

キク

オオアワダチソウ

7月~9月

里山

セイタカアワダチソウは晩秋の植物だがこのアワダチソウは8月ごろから咲き始める

オオシラヒゲソウ

この花を見た人は繊細な花の造りにビックリする ウメバチソウに近い植物だが数は少ない

ニシキギ

オオシラヒゲソウ

8月~9月

高原

この花を見た人は繊細な花の造りにビックリする ウメバチソウに近い植物だが数は少ない

オオバショウマ

秋の初め吾妻渓谷の遊歩道を歩くと見ることができる 他のショウマ類と比べ葉が大きい

キンポウゲ

オオバショウマ

8月~9月

里山

秋の初め吾妻渓谷の遊歩道を歩くと見ることができる 他のショウマ類と比べ葉が大きい

オオハンゴンソウ

オオキンケイギクと同じ「特定外来生物」に指定されており拡散が心配されている

キク

オオハンゴンソウ

8月~9月

人里

オオキンケイギクと同じ「特定外来生物」に指定されており拡散が心配されている

オオヒナノウスツボ

花の形が臼や壺に似ていることから命名 山の縁のような所に生える 数はそれほど多くない

ゴマノハグサ

オオヒナノウスツボ

8月~9月

里山

花の形が臼や壺に似ていることから命名 山の縁のような所に生える 数はそれほど多くない

オクモミジハグマ

秋の初め吾妻渓谷の遊歩道を歩くと見ることができる 山の木陰にひっそりと花を咲かせる

キク

オクモミジハグマ

8月~10月

里山

秋の初め吾妻渓谷の遊歩道を歩くと見ることができる 山の木陰にひっそりと花を咲かせる

オケラ

昆虫のケラではない 万葉集にも歌われている日本古来からの植物 若芽は山菜で美味しいとのこと

キク

オケラ

9月~10月

里山

昆虫のケラではない 万葉集にも歌われている日本古来からの植物 若芽は山菜で美味しいとのこと

オトコエシ

オミナエシとセットで覚えるとよい 黄色いオミナエシに対しこちらは白色

オミナエシ

オトコエシ

8月~9月

里山

オミナエシとセットで覚えるとよい 黄色いオミナエシに対しこちらは白色

オミナエシ

秋の七草のひとつとして古来より日本人に親しまれてきた 草原に生える

オミナエシ

オミナエシ

8月~9月

高原

秋の七草のひとつとして古来より日本人に親しまれてきた 草原に生える

オヤマボクチ

まるでタワシのような特徴的な花 この葉はソバのつなぎとして利用される

キク

オヤマボクチ

9月~10月

高原

まるでタワシのような特徴的な花 この葉はソバのつなぎとして利用される

オヤマリンドウ

エゾリンドウとよく似ている 花が何段にも咲くのがエゾリンドウ、枝先だけに咲くのがオヤマリンドウ

リンドウ

オヤマリンドウ

8月~10月

高原

エゾリンドウとよく似ている 花が何段にも咲くのがエゾリンドウ、枝先だけに咲くのがオヤマリンドウ

カシワバハグマ

何々ハグマという植物が何種類かあるが、葉がカシワに似たハグマという意味 吾妻渓谷に多い

キク

カシワバハグマ

9月~10月

里山

何々ハグマという植物が何種類かあるが、葉がカシワに似たハグマという意味 吾妻渓谷に多い

カメバヒキオコシ

葉の先の切れ込みが亀のしっぽに似ていることから命名された シソの仲間

シソ

カメバヒキオコシ

9月~10月

高山

葉の先の切れ込みが亀のしっぽに似ていることから命名された シソの仲間

カワミドリ

山の道沿いなどに生えるが数はあまり多くない 全体にハッカのような強い芳香がある

シソ

カワミドリ

8月~9月

里山

山の道沿いなどに生えるが数はあまり多くない 全体にハッカのような強い芳香がある

キオン

キオンの花はハンゴンソウとよく似ているが葉の形で見分ける キオンの葉は分かれない

キク

キオン

7月~9月

高山

キオンの花はハンゴンソウとよく似ているが葉の形で見分ける キオンの葉は分かれない

キキョウ

秋の七草のひとつ 近年は野生のキキョウは数が少なく絶滅危惧種になっている

キキョウ

キキョウ

8月~9月

高原

秋の七草のひとつ 近年は野生のキキョウは数が少なく絶滅危惧種になっている

キツリフネ

ツリフネソウはピンクだがこちらは黄色 船を吊っているような変わった花で湿地に生える

ツリフネソウ

キツリフネ

7月~9月

里山

ツリフネソウはピンクだがこちらは黄色 船を吊っているような変わった花で湿地に生える

キバナアキギリ

園芸種のサルビアに似た花で山野に普通に生える 関東地方には黄花しかないがアキギリの花は紫色

シソ

キバナアキギリ

8月~10月

里山

園芸種のサルビアに似た花で山野に普通に生える 関東地方には黄花しかないがアキギリの花は紫色

キンミズヒキ

普通にどこでも見かけられるなじみの植物 実はトゲがあり衣服にくっつく

バラ

キンミズヒキ

7月~9月

里山

普通にどこでも見かけられるなじみの植物 実はトゲがあり衣服にくっつく

クサボタン

葉がボタンに似るため命名 低山の林縁に生える 有毒植物なので注意が必要

キンポウゲ

クサボタン

8月~9月

里山

葉がボタンに似るため命名 低山の林縁に生える 有毒植物なので注意が必要

クズ

繁殖力が強いマメ科のつる性の植物 嫌われ者だが秋の七草のひとつである

マメ

クズ

7月~9月

人里

繁殖力が強いマメ科のつる性の植物 嫌われ者だが秋の七草のひとつである

クルマバナ

草原に咲くシソ科のピンクの花 花が車状に何段にも着くことより名付けられた 

シソ

クルマバナ

8月~9月

里山

草原に咲くシソ科のピンクの花 花が車状に何段にも着くことより名付けられた 

ゲンノショウコ

薬草として有名 人里に多いが高山植物で有名なハクサンフウロも同じ仲間

フウロソウ

ゲンノショウコ

7月~10月

里山

薬草として有名 人里に多いが高山植物で有名なハクサンフウロも同じ仲間

コシオガマ

シオガマの仲間は高山で見られることが多いがこの花は人里でも見られる 半寄生植物

ハマウツボ

コシオガマ

8月~9月

里山

シオガマの仲間は高山で見られることが多いがこの花は人里でも見られる 半寄生植物

コフウロ

ゲンノショウコに似るがこちらは林床に生え個体数が少ない希少植物である

フウロソウ

コフウロ

8月~9月

高原

ゲンノショウコに似るがこちらは林床に生え個体数が少ない希少植物である

ゴマナ

明るい湿地に多い 野菊の一種だが背が高くたくさんの白い花をつける

キク

ゴマナ

8月~10月

高原

明るい湿地に多い 野菊の一種だが背が高くたくさんの白い花をつける

サラシナショウマ

草丈が高く白いブラシのような花をつけるのでとてもよく目立つ 草原に多い

キンポウゲ

サラシナショウマ

8月~10月

高原

草丈が高く白いブラシのような花をつけるのでとてもよく目立つ 草原に多い

サワギキョウ

秋の湿地でよくみることができる植物 キキョウと言っても花の形は全く違う 有毒植物 

キキョウ

サワギキョウ

8月~9月

高原

秋の湿地でよくみることができる植物 キキョウと言っても花の形は全く違う 有毒植物 

シラヤマギク

野菊の一種で似た花が多いが、葉が三角形で花びらの枚数が少なくまばらに着くことで区別できる

キク

シラヤマギク

8月~10月

高原

野菊の一種で似た花が多いが、葉が三角形で花びらの枚数が少なくまばらに着くことで区別できる

シロバナセンダングサ

荒れ地に生える帰化植物 白い舌状花がないものをコセンダングサという

キク

シロバナセンダングサ

9月~11月

人里

荒れ地に生える帰化植物 白い舌状花がないものをコセンダングサという

シロヨメナ

野菊の一種 山の少し日陰のような場所に生える この仲間は似たものが多く区別が難しい

キク

シロヨメナ

8月~10月

里山

野菊の一種 山の少し日陰のような場所に生える この仲間は似たものが多く区別が難しい

スズメウリ

花の時期には見落とすが秋になると白い実が良く目立つ カラスウリより実が小さい

ウリ

スズメウリ

8月~9月

里山

花の時期には見落とすが秋になると白い実が良く目立つ カラスウリより実が小さい

セイタカアワダチソウ

有名な要注意帰化植物 晩秋に他の花が無くなっても咲いているのを見かけることがある

キク

セイタカアワダチソウ

10月~11月

人里

有名な要注意帰化植物 晩秋に他の花が無くなっても咲いているのを見かけることがある

セキヤノアキチョウジ

シソ科の植物は似たものが多く分類が難しいがこの花はすぐに分かる 西日本にはアキチョウジが咲く

シソ

セキヤノアキチョウジ

9月~10月

里山

シソ科の植物は似たものが多く分類が難しいがこの花はすぐに分かる 西日本にはアキチョウジが咲く

センニンソウ

この花とボタンヅルはよく似ているのでセットで覚えるとよい 葉の形で見分けられる

キンポウゲ

センニンソウ

8月~9月

里山

この花とボタンヅルはよく似ているのでセットで覚えるとよい 葉の形で見分けられる

ダイモンジソウ

湿気のある岩上に生え吾妻渓谷でも見ることができる 花の形が大文字に見える

ユキノシタ

ダイモンジソウ

8月~10月

里山

湿気のある岩上に生え吾妻渓谷でも見ることができる 花の形が大文字に見える

タマガワホトトギス

渓流の崖のような所を好んで咲く 花の斑点が鳥のホトトギスの模様に似る

ユリ

タマガワホトトギス

7月~9月

里山

渓流の崖のような所を好んで咲く 花の斑点が鳥のホトトギスの模様に似る

タムラソウ

秋の草原でよく見かける花 一見アザミに似るがトゲがないので違いが分かる

キク

タムラソウ

8月~9月

高原

秋の草原でよく見かける花 一見アザミに似るがトゲがないので違いが分かる

ツメレンゲ

石垣のような所に生える 11月頃まで咲くが寒さに弱い 近年個体数の減少が心配されている

ベンケイソウ

ツメレンゲ

9月~11月

里山

石垣のような所に生える 11月頃まで咲くが寒さに弱い 近年個体数の減少が心配されている

ツリフネソウ

湿地に群落をつくりふつうに見られる 花の形に特徴があるので間違えることはない

ツリフネソウ

ツリフネソウ

7月~9月

里山

湿地に群落をつくりふつうに見られる 花の形に特徴があるので間違えることはない

ツルニンジン

他の植物に巻き付いて咲く 別名ジイソブともいい花が少し小さいバアソブもある

キキョウ

ツルニンジン

8月~9月

里山

他の植物に巻き付いて咲く 別名ジイソブともいい花が少し小さいバアソブもある

ツルボ

道端や土手など日当たりのよい所を好んで咲く 春に出た葉は夏に枯れ秋にまた出る

ユリ

ツルボ

8月~9月

里山

道端や土手など日当たりのよい所を好んで咲く 春に出た葉は夏に枯れ秋にまた出る