浅間山北麓ジオパーク

お問合せ
会員専用

第9回日本ジオパーク全国大会アポイ岳(北海道様似町)大会に参加

10月6日(土)~7日(日)にかけて、第9回日本ジオパーク全国大会アポイ岳(北海道様似町)大会に参加しました。
 6日(土)は、基調講演として、世界ジオパークネットワーク協会会長で、ギリシャ・エーゲ大学教授のニコラス・ゾウロス氏による「ジオパークの魂~世界ジオパークネットワークの活動~」という内容でお話しいただきました。この中で、ジオパーク同士のネットワークによる情報共有の重要性を強調していました。
 分科会は、2日間にわたって、8テーマに分かれて意見交換を行いました。例えば、防災・減災活動、ガイドツアーのリスクマネジメント、無形文化財の活用、ジオパークと持続可能な社会などです。防災・減災活動の分科会では、過去の自然災害を知り、将来発生しうる自然災害に備えることをテーマとして、火山、地震、津波、土砂災害を経験した6地域のジオパークによる事例発表を聞き、課題について話し合いました。
 2日目のパネルティスカッションでは、「これまでの10年から明日のジオパークを考える」というテーマでした。各ジオパークにおける活動の達成状況を確認したあと、後半には、「全国大会を開催するにあたって、事前に清掃活動を行った。地域住民がジオパークの主人公になれば、可能性が広がる」という話が出ていました。
 2日間、有意義なJGN全国大会となりました。

  

ページの先頭へ移動