浅間山北麓ジオパーク

お問合せ
会員専用

災害復興のモデル・鎌原観音堂

鎌観音堂

鎌原観音堂

天明3(1783)年8月5日(旧暦7月8日)、浅間山火口より12km離れた鎌原村は、浅間山の大爆発による「土石なだれ」に襲われた。当時の村の人口570人のうち、477人もの尊い人命が失われた。噴火による土石なだれに気づき、この観音堂にたどり着いたわずか93人のみが奇跡的に助かった。

この鎌原は、大噴火によって、村全体が埋まってしまった場所である。このことから「東洋のポンペイ」と呼ばれ、世界的規模の噴火災害であった。村で唯一残ったのは、高台にあった鎌原観音堂だけである。一瞬にして5~6mの土石の下に埋まってしまった。石段は当時50段あったが、上から15段を残して土に埋もれてしまい、「天明の生死を分けた15段」として語り継がれてきている。観音堂は村人を守った奇跡の地として知られている。

鎌観音堂

昭和54年の発掘調査の際に、石段の最下部50段の所で女性2人の遺体が発見された。骨の重なり方から背負った人と背負われた人と考えられ、高齢の女性を背負って、石段下までたどり着いたところで、「土石なだれ」に埋まってしまったと推定され、災害の悲惨さに触れることができる。

災害で生き残った村人たちは、畑や家屋、そして家族までを一瞬にして失ったため、それぞれ離散する運命にあったところを、大笹村の名主黒岩長左衛門、干俣村の干川小兵衛、大戸村の加部安左衛門らが支援の手を差し伸べた。さらに、「このような大災害に遭っても生き残った93人は互いに血の繋がった一族だと思わなければいけない」と生存者たちに親族の誓いをさせて、家柄や身分の差を取り払った。後々まで語られる「浅間山噴火大和讃」での一節に「隣村有志の情にて、妻なき人の妻となり、主なき人の主となり」とあるように、家族の再編成をおこなったことは、江戸時代においても、非常事態に際してギリギリのところで発案された民衆の英知であった。鎌原は、このような骨肉の思いで埋まった鎌原集落の真上に今の集落を復興した。私たち鎌原の人々を救ってくれた観音堂として235年間大事にお守りをしている。また、8月5日には200回忌の正観音像の前で「浅間山噴火大和讃」を唱え、毎年供養祭を行っている。

現在、災害から村人の命を救った観音堂は、厄除けの観音として信仰され、多くの参拝者や観光客で親しまれている。観音堂と石段、33回忌の供養塔などが県の史跡指定を受けていて、災害と復興の歴史を受けつぐ鎌原観音堂奉仕会の方々によって、たいせつに鎌原観音堂は守られている。

ページの先頭へ移動