花ごよみ 季節の草花情報 花ごよみ 季節の草花情報

タケニグサ

竹に似るから「竹似草」、竹と一緒に煮ると竹が柔らかくなるから「竹煮草」とかいろいろ説がある

ケシ

タケニグサ

7月~8月

里山

竹に似るから「竹似草」、竹と一緒に煮ると竹が柔らかくなるから「竹煮草」とかいろいろ説がある

タチフウロ

近年は見ることが少なくなった ハクサンフウロより低い草地に生える

フウロソウ

タチフウロ

7月~9月

高原

近年は見ることが少なくなった ハクサンフウロより低い草地に生える

タニギキョウ

林床にひっそりと生えるので目立たないがよく見るときれいである

キキョウ

タニギキョウ

6月~8月

里山

林床にひっそりと生えるので目立たないがよく見るときれいである

チダケサシ

この仲間は白花が多いがチダケサシはピンクなのが特徴である やや湿った草地に多い

ユキノシタ

チダケサシ

6月~8月

里山

この仲間は白花が多いがチダケサシはピンクなのが特徴である やや湿った草地に多い

チョウセンゴミシ

夏に咲く花はあまり目立たないが秋になると真っ赤な実が良く目立つ ふつうに見られる

マツブサ

チョウセンゴミシ

6月~7月

里山

夏に咲く花はあまり目立たないが秋になると真っ赤な実が良く目立つ ふつうに見られる

ツマトリソウ

浅間高原で目立つ花 この花の特徴は花びらが7枚ということ たまに6枚や8枚のものもある

サクラソウ

ツマトリソウ

6月~7月

高山

浅間高原で目立つ花 この花の特徴は花びらが7枚ということ たまに6枚や8枚のものもある

ツユクサ

人家の周りに雑草のように広がる 青い花がひときわ目を引く

ツユクサ

ツユクサ

6月~9月

人里

人家の周りに雑草のように広がる 青い花がひときわ目を引く

ツリガネニンジン

この花も高原を代表する植物で好きな人が多い 時々白花も現れる

キキョウ

ツリガネニンジン

8月~10月

高原

この花も高原を代表する植物で好きな人が多い 時々白花も現れる

ツルフジバカマ

クサフジに似るが見る機会は少ない クサフジより葉の数が少なく花はより大きい

マメ

ツルフジバカマ

8月~10月

里山

クサフジに似るが見る機会は少ない クサフジより葉の数が少なく花はより大きい

テガタチドリ

ハクサンチドリに似たピンクのランでハクサンチドリより花数が多い 高山の草地に咲く

ラン

テガタチドリ

7月~8月

高山

ハクサンチドリに似たピンクのランでハクサンチドリより花数が多い 高山の草地に咲く

トモエソウ

オトギリソウの仲間では最も花が大きく巴型に咲くのですぐにわかる

オトギリソウ

トモエソウ

7月~8月

高原

オトギリソウの仲間では最も花が大きく巴型に咲くのですぐにわかる

ニッコウキスゲ

誰もが知る高山植物 しばしば群落をつくる ユリ科からワスレナグサ科に変わった

ワスレグサ

ニッコウキスゲ

7月~8月

高原

誰もが知る高山植物 しばしば群落をつくる ユリ科からワスレナグサ科に変わった

ネバリノギラン

ノギランに似る 花は開かず触ると粘るのが特徴 ガレ場に多い

ユリ

ネバリノギラン

6月~8月

高山

ノギランに似る 花は開かず触ると粘るのが特徴 ガレ場に多い

ノギラン

ネバリノギランに似るが花が開くので違いが分かる ノギランより数は少ない

ユリ

ノギラン

6月~8月

高山

ネバリノギランに似るが花が開くので違いが分かる ノギランより数は少ない

ノコギリソウ

高原に咲くが数はそれほど多くない 葉の切れ込みがノコギリのように見える

キク

ノコギリソウ

7月~9月

高原

高原に咲くが数はそれほど多くない 葉の切れ込みがノコギリのように見える

ノハナショウブ

アヤメとショウブとカキツバタはよく似ている アヤメとは花色が異なりカキツバタは浅間高原にはない

アヤメ

ノハナショウブ

6月~7月

高原

アヤメとショウブとカキツバタはよく似ている アヤメとは花色が異なりカキツバタは浅間高原にはない

バイケイソウ

草丈が大きく目立つ よく似たコバイケイソウもあるが浅間高原にはこちらが多い

シュロソウ

バイケイソウ

7月~8月

高原

草丈が大きく目立つ よく似たコバイケイソウもあるが浅間高原にはこちらが多い

ハキダメギク

全くかわいそうな名前が付けられた植物だ しかし花をよく見るととても可愛らしい

キク

ハキダメギク

6月~11月

人里

全くかわいそうな名前が付けられた植物だ しかし花をよく見るととても可愛らしい

ハクサンイチゲ

この花は高山を代表する植物のひとつ 花も美しく愛好者が多い

キンポウゲ

ハクサンイチゲ

7月~8月

高山

この花は高山を代表する植物のひとつ 花も美しく愛好者が多い

ハクサンオミナエシ

オミナエシの高山型 別名コキンレイカともいうがハクサンオミナエシの方が響きが良い

スイカズラ

ハクサンオミナエシ

7月~8月

高山

オミナエシの高山型 別名コキンレイカともいうがハクサンオミナエシの方が響きが良い

ハクサンチドリ

テガタチドリに似るがこちらの方が花も大きく美しい ランの仲間は何々チドリという名前が多い

ラン

ハクサンチドリ

7月~8月

高山

テガタチドリに似るがこちらの方が花も大きく美しい ランの仲間は何々チドリという名前が多い

ハクサンフウロ

この花も浅間高原を代表する植物でなくてはならない花である 低地のゲンノショウコの仲間である

フウロソウ

ハクサンフウロ

7月~8月

高原

この花も浅間高原を代表する植物でなくてはならない花である 低地のゲンノショウコの仲間である

ハナチダケサシ

よく似たヤマブキショウマはバラ科で違う仲間 より大型の変種にトリアシショウマがある

ユキノシタ

ハナチダケサシ

7月~8月

里山

よく似たヤマブキショウマはバラ科で違う仲間 より大型の変種にトリアシショウマがある

ヒメシャジン

この花も代表的な高山植物で青い花がとても美しい 浅間高原では黒斑山に多い 時々白花が現れる

キキョウ

ヒメシャジン

7月~8月

高山

この花も代表的な高山植物で青い花がとても美しい 浅間高原では黒斑山に多い 時々白花が現れる

ヒルガオ

人里の道端などでよく見かけるピンクの朝顔 葉の形が少し違うコヒルガオという植物もある

ヒルガオ

ヒルガオ

6月~8月

里山

人里の道端などでよく見かけるピンクの朝顔 葉の形が少し違うコヒルガオという植物もある

ビロードモウズイカ

名前も変わっているが姿もグロテスクな帰化植物 この付近では普通によく見かける

ゴマノハグサ

ビロードモウズイカ

7月~9月

里山

名前も変わっているが姿もグロテスクな帰化植物 この付近では普通によく見かける

フシグロセンノウ

この花は一度見たら忘れられない独特な色をしている お盆の頃に咲くので「お盆花」ともいう

ナデシコ

フシグロセンノウ

7月~9月

里山

この花は一度見たら忘れられない独特な色をしている お盆の頃に咲くので「お盆花」ともいう

ブタナ

いつの頃からか分からないがこの花で一面黄色くなる程侵入が進んでいる要注意帰化植物

キク

ブタナ

6月~9月

里山

いつの頃からか分からないがこの花で一面黄色くなる程侵入が進んでいる要注意帰化植物

ホソバノキリンソウ

明るい草地でよく見ることができる多肉質の植物 園芸種も多く栽培されている

ベンケイソウ

ホソバノキリンソウ

7月~8月

高原

明るい草地でよく見ることができる多肉質の植物 園芸種も多く栽培されている

ママコナ

山地の林縁などでよく見られる 花弁の2つの白いふくらみが米粒のように見えることより命名

ハマウツボ

ママコナ

7月~9月

里山

山地の林縁などでよく見られる 花弁の2つの白いふくらみが米粒のように見えることより命名

マルバダケブキ

草丈が大きいので遠くからでもよく目立つ浅間高原を代表する植物のひとつ 

キク

マルバダケブキ

7月~8月

高原

草丈が大きいので遠くからでもよく目立つ浅間高原を代表する植物のひとつ 

ミズチドリ

何々チドリというランの仲間は種類が多く覚えるのが難しいがミズチドリは花が純白なので分かりやすい

ラン

ミズチドリ

6月~7月

高原

何々チドリというランの仲間は種類が多く覚えるのが難しいがミズチドリは花が純白なので分かりやすい

ミヤマハンショウヅル

ハンショウヅルは低地に咲くがミヤマハンショウヅルは高山の植物 浅間高原では稀な植物

キンポウゲ

ミヤマハンショウヅル

7月~8月

高山

ハンショウヅルは低地に咲くがミヤマハンショウヅルは高山の植物 浅間高原では稀な植物

メタカラコウ

よく似た花にオタカラコウがある 違いは葉の形と花びらの枚数 メタカラコウの方が少ない

キク

メタカラコウ

7月~9月

高原

よく似た花にオタカラコウがある 違いは葉の形と花びらの枚数 メタカラコウの方が少ない

メマツヨイグサ

「月見草」とも呼ばれ花は夕方に開いて翌朝には閉じてしまう 花の大きいオオマツヨイグサもある

アカバナ

メマツヨイグサ

7月~8月

人里

「月見草」とも呼ばれ花は夕方に開いて翌朝には閉じてしまう 花の大きいオオマツヨイグサもある

モウセンゴケ

湿地に育つ有名な食虫植物 コケの仲間だと思っている人もいるが白い花が咲く

モウセンゴケ

モウセンゴケ

6月~8月

高山

湿地に育つ有名な食虫植物 コケの仲間だと思っている人もいるが白い花が咲く

ヤグルマソウ

輪生に出る葉の形が矢車にそっくり 鹿沢休暇村の沢沿いにはたくさんある

ユキノシタ

ヤグルマソウ

6月~7月

高山

輪生に出る葉の形が矢車にそっくり 鹿沢休暇村の沢沿いにはたくさんある

ヤナギタンポポ

一見コウゾリナと間違える コウゾリナと同じ時期に同じような環境に咲く 葉の鋸歯が異なる

キク

ヤナギタンポポ

7月~9月

高原

一見コウゾリナと間違える コウゾリナと同じ時期に同じような環境に咲く 葉の鋸歯が異なる

ヤナギラン

浅間高原を代表する花のひとつ 群落になると実にきれいである 秋には綿毛のような種が飛ぶ

アカバナ

ヤナギラン

6月~8月

高原

浅間高原を代表する花のひとつ 群落になると実にきれいである 秋には綿毛のような種が飛ぶ

ヤブカンゾウ

田んぼの土手や道路わきに普通に咲いている おしべとめしべが花弁化し八重咲に咲く

ユリ

ヤブカンゾウ

7月~8月

里山

田んぼの土手や道路わきに普通に咲いている おしべとめしべが花弁化し八重咲に咲く

ヤマタツナミソウ

タツナミソウの仲間はたくさんあるがこの辺りではヤマタツナミソウが多い

シソ

ヤマタツナミソウ

5月~6月

里山

タツナミソウの仲間はたくさんあるがこの辺りではヤマタツナミソウが多い

ヤマハタザオ

真っすぐに立ち上がった姿はまさに旗竿である 日当たりのよい草原に咲く

アブラナ

ヤマハタザオ

5月~7月

高原

真っすぐに立ち上がった姿はまさに旗竿である 日当たりのよい草原に咲く

ヤマブキショウマ

他のショウマの仲間と違いヤマブキショウマはバラ科である よく見ると違いが分かる

バラ

ヤマブキショウマ

6月~8月

高原

他のショウマの仲間と違いヤマブキショウマはバラ科である よく見ると違いが分かる

ヤマホタルブクロ

ヤマホタルブクロは低地にあるホタルブクロとガクの部分に違いがある まれに白花も現れる

キキョウ

ヤマホタルブクロ

6月~8月

里山

ヤマホタルブクロは低地にあるホタルブクロとガクの部分に違いがある まれに白花も現れる

ヤマユリ

大きさから言えばユリの王様であり花が大きく香りも強い 急な崖に張り付いて咲くことがある

ユリ

ヤマユリ

7月~8月

里山

大きさから言えばユリの王様であり花が大きく香りも強い 急な崖に張り付いて咲くことがある

リンネソウ

高山の林床に咲く リンネは植物学者 二つ仲良く対で咲くので「夫婦花」と呼ばれることもある

スイカズラ

リンネソウ

7月~8月

高山

高山の林床に咲く リンネは植物学者 二つ仲良く対で咲くので「夫婦花」と呼ばれることもある

レンゲショウマ

この花はとても美しく多くの人のあこがれの花である 数も少なく林床にひっそりと咲く

キンポウゲ

レンゲショウマ

8月~9月

里山

この花はとても美しく多くの人のあこがれの花である 数も少なく林床にひっそりと咲く

アキカラマツ

カラマツソウの仲間は数種類あるがアキカラマツの花は黄色く見えるのが特徴

キンポウゲ

アキカラマツ

7月~9月

高原

カラマツソウの仲間は数種類あるがアキカラマツの花は黄色く見えるのが特徴

アキノウナギツカミ

茎に細かいとげが生えていてウナギも捕まえられるということで命名された 

タデ

アキノウナギツカミ

7月~9月

里山

茎に細かいとげが生えていてウナギも捕まえられるということで命名された 

アキノキリンソウ

浅間高原に広く分布している高山植物の代表種のひとつ 小さな花が穂のように咲く

キク

アキノキリンソウ

8月~10月

高原

浅間高原に広く分布している高山植物の代表種のひとつ 小さな花が穂のように咲く

アキノタムラソウ

ヤマハッカやナツノタムラソウに似る この仲間は似たものが多く区別が難しい 

シソ

アキノタムラソウ

8月~10月

里山

ヤマハッカやナツノタムラソウに似る この仲間は似たものが多く区別が難しい