浅間山北麓ジオパーク

お問合せ
会員専用

春・夏・秋・冬

春の浅間山

浅間山北麓の春は、黄色の福寿草から咲き始め、ふきのとう(ジャオージ)が顔を出し、カタクリの花が朝日に照らされ、白いアズマイチゲが林の縁に咲いてきます。草花の芽吹きが一気に訪れます。シャクナゲ、レンゲツツジなど高原植物が咲き誇ります。ハイキングやトレッキングをしているとこれらの自然豊かな仲間達に出会うことができます。空気がおいしく、気持ちも晴れ晴れしてきます。夜の星の輝きも最高です。浅間山北麓は、素晴らしい景観がまるごと楽しめ、そして、いっぱい感動できる自然に恵まれたところになります。浅間山には「逆さ馬」と呼ばれる雪形が現れてきます。里の人は、この「逆さ馬」を見ながら畑仕事を始めます。

真夏の浅間山

夏、浅間山が織りなす景観を楽しむ格好の季節です。空の青と草木の緑、そして色鮮やかな花々がおりなす風景は必見です。

吾妻峡

秋、夏が終わり動物や植物、人々が冬へと備えて動き出す季節。ここ浅間山北麓では至る所で紅葉が見ることができます。山を見上げ、森に入り、渓谷を散策し、様々な場面で遭遇できるでしょう。

雪景色

真っ白なカーペットに覆われる冬。
長い冬を耐え偲んで春を待つ時代から、今は凛とした冬を楽しむ暮らしが広がっています。
降雪とともに周辺の5つのスキー場がオープンし、子供たちのスケート教室なども繰り広げられる一方、鹿沢エリアの湯の丸山や高峰高原の黒斑登山など冬を身近に楽しむ人たちが増えています。晴天率の高い浅間高原では、冬の星空観察も絶好の場所だと言われています。

ページの先頭へ移動