出発・帰着場所 軽井沢倶楽部 ホテル1130
概要 ~相手に応じて伝える~ 火山からの噴出物が積もったり流れたりすることによりできる地層や地形を観察することで何が見えるのか、 火山がもたらす災害をどのように伝承していくか、フィールドでディスカッションしながら考える巡検型ツアーです。
定員 20名
参加費 6,000円(宿泊費別途)

コースの見どころ

  • 黒豆河原・六里ヶ原
    • 六里ヶ原は浅間山を形成する黒斑山、仏岩、前掛山の各年代での火山活動で、火砕流、溶岩流、岩屑なだれなどが繰り返し堆積して形造った広大な高原地形です。
2
  • 溶岩樹形・風穴
  •  「浅間山溶岩樹型」 は、1783(天明3)年に噴出した吾妻火砕流が森林地帯に流れ込んでできた井戸状の穴です。
3
  • 鬼押出し園
  •  火口で鬼が暴れて岩を押し出したという当時の人々の噴火の印象からこの名の由来となった、奇岩鬼押出し溶岩を間近に見ることのできる施設です。
4
  • 嬬恋郷土資料館・鎌原観音堂
  •  天明3年(1783)の浅間山大噴火で埋没した鎌原村からの出土品等を展示をしている資料館と、噴火を生き延びた鎌原観音堂をガイドしていただきます。

ツアーの流れ

    サイト・場所名

    ガイドの流れ

    • 軽井沢倶楽部ホテル1130
    • 入り口
    8:00
    • 集合・自己紹介
    • 出発
    • 黒豆河原
    8:15
    • 見学・ガイド
    • 鬼押出し園
    9:30
    • トイレ休憩
    • 溶岩樹型・風穴
    9:55
    • ジオサイト見学・ガイド
    • プリンスロータリー
    11:20
    • 車窓より巨岩見学・ガイド
    • 総合インフォメーションセンター
    12:00
    • 昼食・休憩・ジオマルシェ
    • 鎌原観音堂・集落・嬬恋郷土資料館
    13:15
    • ジオサイト見学
    • 軽井沢倶楽部 ホテル1130
    15:00
    • 解散

    浅間山ジオパーク推進協議会

    〒377-2304

    群馬県吾妻郡嬬恋村鎌原494-45

    0279-82-5566

    0279-82-5566

    asama-geo@ebony.plala.or.jp