拠点施設

嬬恋村地域交流センター

嬬恋村地域交流センターが総合インフォメーションセンターとなっています。内部に浅間山ジオパーク推進協議会があり、浅間山北麓全域のパンフレットなどを置き情報を発信をおこなっています。全国のジオパークのパンフレットなども置いております。また、石や写真の展示、地域の物にこだわった商品の販売なども行っています。

やんば天明泥流ミュージアム

八ッ場ダム建設工事にともない、発掘調査が行われました。縄文から江戸時代までの遺跡が折り重なるように見つかり、特に浅間山の大噴火により発生した天明泥流によって埋没した村落が広範囲に発見されました。当時の村々の景観や人々の暮らしを今に蘇らせ、体感していただけます。

嬬恋郷土資料館

鎌原観音堂に隣接する施設で、天明3年浅間山の浅間山大噴火の資料展示や嬬恋村特産品のキャベツについて紹介しています。天明3年の浅間山噴火に起因する“土石なだれ”によって埋没した鎌原村から発掘された品々などが多数展示されており、映像コーナーでは、天明3年の悲劇と浅間山の美しい自然を見ることができます。

ビジターセンター

高峰ビジターセンター

標高2,000mの場所に位置し、上信越高原公立公園にある自然体験の拠点として、NPО法人浅間山麓国際自然学校による浅間山麓地域の案内や自然体験プログラムを実施しています。地元の食材を使用したカフェ・レストランも併設されており、登山客だけでなく、高原散策やドライブで訪れる人たちにも人気です。

鬼押出し園

鬼押出し園は、天明3年の浅間山の大噴火の際に流れ出た溶岩が固まって作られた奇形な岩場の景観を楽しむことのできる、浅間高原の名勝地です。晴れていれば北アルプス連峰・谷川連峰・日光男体山まで一望できます。また、溶岩の間には5月からイワカガミ・ツガザクラ・ミネズオウなどの高山植物の姿がみられます。

浅間山北麓ビジターセンター

センター内は浅間山の成り立ちや植生の変化をジオラマでわかりやすく展示。また岩石の展示や剥製の展示、ジオパークの情報コーナーなど小さな館内に見所盛りだくさんに詰め込みました。自然遊歩道やスカイロックトレイルの玄関口としてご利用下さい。

北軽井沢観光協会

自然豊かな浅間高原北軽井沢の案内所となっています。北軽井沢は浅間山の麓に広がる観光リゾート地域です。夏は湿度が低く爽やかな気候で、昔から学者や文化人が滞在された歴史ある土地柄です。長い時の中で培われた人柄と、昔より受け継がれた素朴さを味わえる北軽井沢に是非、お出かけください。

鹿沢インフォメーションセンター

鹿沢インフォメーションセンターは、上信越高原国立公園にある公園利用者のための施設です。ここでは鹿沢周辺の自然や歴史・文化についての展示・解説、公園の利用案内、自然体験活動などが行われていて、だれでも自由に利用することができます。併設された散策道では、四季折々の植物を見ることができます。

嬬恋村観光協会

嬬恋村の観光情報パンフレットをはじめ、イベント情報やお得なクーポンを取り揃えております。ポスター類もプレゼントしております!また、飲食可能のフリースペースもございますので電車待ちやご休憩の際もご利用いただけます。嬬恋特産品のお土産販売も品数が充実してまいりましたので、お帰りの際にもぜひお立ち寄りください。

八ッ場ふるさと館

八ッ場ふるさと館では、地域の農産物直売所や八ッ場食堂、情報休憩コーナーが設けられており、天然の足湯にも入ることができます。カレーのルーをダムの貯水にみたてた八ッ場ふるさと館の名物料理『八ッ場ダムカレー』を食べることができます。